帰国による解約・電話番号の維持JKモバイル

観光客(NOビザ)で渡韓した方の電話番号は、出国をする際に
利用停止状態になり→その後自動解約になります。
SKT回線の場合は、停止を解除して同じ電話番号を
維持しながらご利用することができます!(条件は下記参照)

  • パスポート名義で電話番号を契約することはいつでも可能ですが、「出国時」利用停止状態になります。
  • 日本に出国してから韓国に戻って来た際に、電波が立ちLTEも表示されるのに使用できない場合、利用停止状態ということになります。
    ※外国人登録証やビザの発行済みの方は出国時、パスポート名義でも解約にはなりません。韓国に戻って来ても続けて使用することができます。
  • 数年前と比べて規制が厳しく変わった状況になります。今まで「パスポート名義として料金も支払いし続く」方法で、数年間電話番号の維持が可能であった方でも、「渡韓してから出国」を行う際に利用停止(解約)になります。
  • ご利用していた電話番号が使えなくなった場合、ご来店して新しい電話番号を契約することがお勧めです。契約をし直す際に、頻繁に出入国をされる方は下記②番のようにSKT回線のプリペイド契約をご利用ください。
  • 出入国システムと通信会社のシステムが連携しているので、出入国をするだけで反映されます。SIMカードや携帯を韓国に置いたまま出国することで、解約にならない訳ではありません。

SKT回線の契約を利用した、「利用停止の解除」手続きについて

韓国から出国をしてから、「1ヶ月以内」に韓国に戻って来られた場合、手続きで利用停止を解け使えるようにすることができます。(現在SKT回線のみ申し込み可能)

  • 手続きにはご本人様のご来店が必要です。
  • 申し込みが始まってから、解除完了まで2〜3時間かかる場合があります。
  • すでに解約になった電話番号が使えるようになる訳ではありません。
  • 114番お客様センターに解除手続きを、ご自身で頼む際には全て韓国語対応になります。又、パスポートの写真と入国時発行したQRコードをEメールに添付して送る必要があります。